婦人

ボトックスには副作用がある|基本を学んでおけば安心

注射だけで高い効果

女の人

美容医療にも多くの種類がありますが、特に高い人気となっているのが注射を利用した治療です。ヒアルロン酸注入やレディエッセも人気の治療ですが、特にボトックスは様々な場面で活用されています。筋肉の働きを抑える効果がありますので、表情でできる眉間のシワの改善にも良い治療ですし、さらにメスを使わずに小顔を作る、脂肪の少ないふくらはぎを細くするのにも役立つ治療です。このほかではガミースマイルの解消や軽度のワキガ、多汗症などにも対応しています。ボトックスは効果の高い治療ですが、やはり医療行為となりますので、副作用がないかも気になるところです。起こりやすい副作用としては、まず注射した部位への痛みがあげられます。また、顔の施術を行った場合は表情が固くなる、頭痛、顔への違和感などもあげられます。額のシワを目立たなくするのにも有効な治療方法ですが、額や眉間の筋肉も動きにくくなってしまいますので、瞼が重い、目が開けにくくなるなどの症状が出る可能性もあります。このほかでは内出血や腫れ、熱感などを感じることがありますが、この場合は少しずつ解消されていきます。頻度は少ないもののボトックスにも重大な副作用が起こることもあり、アナフィラキシー、呼吸障害、痙攣発作などが重大な副作用としてあげられますが、美容目的で行われているボトックスは浅い部分に注入を行うこと、注入の量も少ないので頻度はかなり少ないとされています。注射だけですので気軽に受けられる治療というイメージもありますが、カウンセリングの際はメリットばかりではなく、どのようなリスクがあるのかもよく確認しておきましょう。そしてボトックスによる副作用を抑えるためにはやはり医療機関選びが大切です。副作用の出方は施術方法によるところも大きいので、簡単な治療だからと安易に決めてしまわずクリニック選びは慎重に行いましょう。良い仕上がりにし、治療後の不快感を抑えるためにも良質な薬剤を用意している医療機関を選んでおきたいですし、注入する場所や量が適切であることも大事です。それゆえ、医療機関の評判もよく調べておき、できるだけ質の高い医療を提供してくれるクリニックを選びましょう。そして治療直後に強いマッサージを行うことも薬剤が目的の場所以外に広がってしまうこととなりますので、治療直後のマッサージも避けたほうが無難です。