婦人

ボトックスには副作用がある|基本を学んでおけば安心

筋肉を緩めて整形治療

カウンセリング

効果が高いと評判

女性にとって顔や体型など見た目は大事です。元々女性は美容への関心が高いということもありますが、見た目によって印象を左右されることがあります。特に顔によく表れるものがしわです。うっすらとしたものであっても、話をするくらいまで近づくと、どうしてもしわは気づかれてしまいます。年齢を重ねると、しわは増えてしまいますし、ファンデーションなどで隠すのも難しくなってしまうので、気になるしわがあれば、美容整形を受けて手早く解決しましょう。近年ではしわに効果的な施術がたくさん出ています。効果が高い治療の一つがボトックスを使った治療です。筋肉の働きを弱める薬剤をしわに注射することで、皮膚を引きのばしてしわを消滅させます。安全性が高く実感力もあることから人気が高い治療です。ボトックスはしわ取り以外の治療でも使われます。ボトックスの効果は多彩です。例えば、筋肉に注射すると弛緩作用によりその部位の筋肉が細くなります。これによって部分痩せをすることができます。二の腕やふくらはぎなど、細くしたい部分の痩身に高い効果を発揮します。汗腺の機能を抑える効果もあるため、脇に注射してワキガや多汗症の改善に使うこともあります。こういった形で活用可能なボトックスですが、他の薬と同様副作用も存在します。副作用の一つが表情筋の固定化です。これは顔のしわ治療を受けた人に起こることがあります。ボトックスの筋肉を緩める働きによって表情筋が動きにくくなり、表情がこわばるというものです。ボトックスを注射した後は、副作用が起きる可能性があることを覚えておきましょう。しかし、ときに副作用はあれども美容手術としてはたいへん有効であり、治療を受ける人は多く、評判もとても良好です。治療を受けるにあたって考えなければならないのが費用のことです。ボトックスの相場は一定ではなく、治療を受けるクリニックによって若干の差があります。治療を受ける部位や規模によっても費用は変化します。顔全体のしわ治療では高いところで20万円ほどかかりますが、しわ治療でボトックスを利用する人はそのくらいを目安にしましょう。しかし、最終的な出費額はしわの状態やクリニックによって変わるため、予め確認しておきましょう。このボトックスには持続期間があります。その期間を過ぎた後は効果が薄くなるため、もう一度受け直す必要があります。ボトックスのみでは出費が増えてしまいますが、他の治療法と併用することで出費を抑えられることがあるので、その点も医師に相談しておくといいでしょう。