婦人

ボトックスには副作用がある|基本を学んでおけば安心

比較的安全な美容整形

医療器具

一時的な副作用

ボトックス注射はプチ整形の1つとしてとても人気がある施術方法ですが、副作用はあるのか気になる人は多いのではないでしょうか。そもそもボトックス注射とは、ボツリヌス菌という毒素を意図的に皮膚に注入することでいろいろな効果を生じさせる治療方法のことです。ボツリヌス菌自体は毒素なのですが、それが皮膚の中に入ると筋肉が引き締まるようになって、頬や目元のたるみなどを解消することができます。注射をするので針の痛みは当然あります。風邪を引いたときの注射と同じ痛みなので、ボトックス注射だからといって特別な痛みが生じるわけではありません。しかし、ボトックス注射をした後は腫れや内出血などが起こる人がいます。ダウンタイムはおよそ1週間程度です。施術を受けた当日は長時間の入浴やサウナは避けるように気をつけましょう。ボトックス注射の副作用の代表的なものとしては、頭痛が挙げられます。ボツリヌス菌を注入することで軽い風邪と同じ症状が出ることがあります。めまいや高熱などの副作用が出る場合もありますが、もっとも多いのは頭痛です。このような症状が出たときには安静にしておくことです。そのまま数時間程度経過すれば自然に回復するので、心配ありません。ここで必要以上に体を動かしたり、勉強などで頭を使ったりするとなかなか治りませんので、注意してください。また、目の周りにボトックス注射をしたときには、まぶたが垂れ下がることがあります。これはボツリヌス菌の注入量が多すぎたり、注入部分が不適切であったりするなどの場合に起こる副作用です。これは未熟な医師が施術をしたときに起こるものであって、知名度や実績のあるクリニックや病院で受ける場合は心配ありません。なので、あらかじめ口コミなどで調べてから病院を選びましょう。ただし、発症したとしても1週間から2週間程度で回復します。さらに、表情に注射したときは表情筋が思ったとおりに動かなくなることがあります。ボツリヌス菌は表情筋の動きを抑制するからです。ある程度時間が経過すれば慣れるようになります。このように、ボトックス注射で生じる副作用は、一時的なものであって生じたとしても自然に回復するものばかりです。なので、心配する必要はありません。実際に、副作用が生じた際の対処法やアフターケアの方法を事前に医師に確認しておくと安心して治療を受けることができるでしょう。